TEL 03-3229-2282

午前10時〜午後6時 日・月・祝祭日定休

15,000円以上ご購入で送料無料

15,000円以上ご購入で送料無料

無料会員登録・ログイン

お買い物ガイド

よくあるご質問


検索

人気アイテム



 

トップ > 書籍・DVD > 【書籍】デフ・ヴォイス〜法定の手話通訳士〜

【書籍】デフ・ヴォイス〜法定の手話通訳士〜

製品情報

価格:
770
製品名:
【書籍】デフ・ヴォイス〜法定の手話通訳士〜


数量:
 

かごに入れる

デフ・ヴォイスとは「ろう者の声」――手話のことを指しています

今度は私があなたたちの“言葉”をおぼえる

主人公の荒井は、警察官を退職することになる。
転職にあたり、唯一持っている技能――手話を生かして、彼は手話通訳士になった。
手話通訳士として活躍する荒井は、殺人事件の容疑者となった、あるろう者の法定通訳を行なうことになった。
その殺人事件の被害者は、17年前に起きた殺人事件の被害者の息子で……。

時を隔てた二つの殺人。謎は解け、愛だけがそこに残った―。
第十八回松本清張賞最終候補作に加筆修正。

手話、ろう者、コーダ(※)etc…
「聴覚障害」という社会的マイノリティーを取り巻く現状を描いた社会派ミステリー。


読み応えのあるサスペンスとしての面白さや、終盤に向かっての感動、そして「ろう」についても考えさせられるおすすめの1冊です!

コーダ(CODA Children of Deaf Adultsの略)…ろう者を親に持つ聴者のこと。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

丸山 正樹
1961年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。
広告代理店でアルバイトの後、フリーランスのシナリオライターとして、企業・官公庁の広報ビデオから、映画、オリジナルビテオ、テレビドラマ、ドキュメンタリー、舞台などの脚本を手掛ける。
2011年、『デフ・ヴォイス』で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

にこ〜るブログ『デフ・ヴォイス〜法廷の手話通訳士〜』紹介ページ
https://www.wp1.co.jp/blog/2204/

 


2.jpg 

●文庫: 311ページ
●出版社: 文藝春秋




 

おすすめポイント

  • ●感動の社会派ミステリー
  • ●手話や「ことば」についての考察が深まる

一気に読み進めたくなる魅力的なミステリ小説!さらに手話についても考えさせられ、「ろう」の方や「手話」に親しんでいる人にも、全く知らない人にも、色々な方にオススメしたい一冊。



ご購入はこちら

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません


かごに入れる

商品一覧に戻る