TEL:03-3229-2282

午前9時〜午後6時 日・月・祝祭日定休

15,000円以上ご購入で送料無料

無料会員登録・ログイン

お買い物ガイド

よくあるご質問

人気アイテム



 

トップ > 簡易筆談器

様々な対応できるお店や会社づくり

平成28年4月1日より「障害者差別解消法」がスタートしました!
この法律では「不当な差別的取扱い」を禁止し「合理的配慮の提供」を求めています。 スタートに伴って対応するお店や会社が増えています。

「聞こえにくい方」は外見からは分かりにくい!

補聴器を使っている方もいますが、一見しただけでは分かりにくいです。

音声情報が入りにくいので、文字などの視覚による情報を大切にしています

対応するときは筆談をしたり、口の形をはっきりすると比較的伝わりやすいです。

声を出して話せても聞こえているとは限りません

中途で聞こえなくなった方など、声を出して話せる方もいますが、相手の声が聞こえていない場合があります。

補聴器をつけても会話が通じるとは限りません

補聴器で音を大きくしても、会話だけが明瞭に聞こえるわけではありません。 言葉として認識できていないことがあります。
プールの中いて話しかけられているようなイメージを持ってもらうとわかりやすいかと思います。大きな声を出せば伝わるわけではないのです。

使用例や具体例

銀行窓口、図書館、空港、飲食店、商店街、携帯電話ショップ、避難所など

全10件

製品詳細